DHA・EPAサプリメント紹介

DHA&EPA+ケルセチン(日清食品)の成分や価格、特徴とは?

更新日:

突然ですが、みなさんは普段の生活に魚を取り入れていますか?

まったく魚を食べないという方、もしかすると体の中は「ドロドロ」になってしまっているかもしれません。

「揚げ物が好きでよく食べる」
「健康診断の結果が怖い」
「サプリメントで補助したい」

そんな方におすすめなのが、青魚からとれるDHA、EPAを含むサプリメントです。

この記事では、それらのサプリメントのひとつ、DHA&EPA+ケルセチン(日清食品)の成分や価格についてご紹介したいと思います。

DHA&EPA+ケルセチン

目指せサラサラ生活!DHA&EPA+ケルセチンの成分とは?

DHA&EPA+ケルセチン(日清食品)
DHA&EPA+ケルセチンの原材料、栄養成分は以下の通りとなっています。

原材料名
DHA・EPA含有精製魚油、ゼラチン、植物油脂/グリセリン、ケルセチン、ミツロウ、グリセリン脂肪酸エステル、香料、酸化防止剤(ビタミンE)、着色料(ビタミンB2)、(一部にゼラチンを含む)
栄養成分表示 4粒(2.52g)当たり
熱量:17.21kcal
たんぱく質:0.60g
脂質:1.49g
炭水化物:0.35g
食塩相当量:0g
DHA:457㎎
EPA:43㎎
ケルセチン:100㎎

以上となります。DHA&EPA+ケルセチンにはアレルギー物質であるゼラチンが含まれておりますので、注意が必要ですね。

DHAとEPAってどんな成分?

ここからは、DHA&EPA+ケルセチンに含まれる各成分の詳細を見ていきたいと思います。

まず主成分であるDHAとEPA、これはいったいどのような特徴を持つ栄養素なのでしょうか?

まずはEPAについて見ていきましょう。EPAは1960年代に注目され始めた栄養素で、血液を健康に保つのに良いとされています。

これは植物油に含まれるα‐リノレン酸を原料に体内で生成することが可能なのですが、その生成率は10~15%ほどです。カラダの中でたくさん作るのが難しい栄養素なんですね。

ですから、青魚などを食べて、EPAやDHAを直接摂取することが推奨されるのですが、毎日魚を食べるというのも、ちょっと難しいものがあるでしょう。

そういった経緯から、DHAやEPAを主成分とするサプリメントが注目されたといっていいかもしれません。

次にDHAですが、これは80年代の後半に、脳や網膜など、人のカラダの神経に多分に含まれる栄養素であることがわかり、注目されました。

魚を食べると、あるいはDHAを摂ると「頭が良くなる」とよくいわれますが、それはDHAが神経系に多く含まれる成分であるからなのです。

本当に頭が良くなるのかどうかはわかりませんが、人間の体を作る、健康を維持するのに欠かせない栄養素であることは間違いないでしょう。

ケルセチンとは?

ケルセチンとは、フラボノイド(ポリフェノールの一種)のひとつで、タマネギの皮などに多く含まれる成分です。

ケルセチンには色々な働きがありますが、DHAと同じように血液の健康を保つのに良いとされています。

DHA&EPA+ケルセチンは「サラサラ生活」と謳っておりますが、DHAとEPA、そしてこのケルセチンによって、サラサラの生活を目指しましょうというのがコンセプトであるわけですね。

DHAやEPAの必要量ってどのくらいなの?

DHA・EPAの必要量
厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015)」によれば、50~69歳の女性のDHAとEPAの摂取量目安は、1日2000㎎です。

これはどんな食物をどれくらい食べればいいのかというと、たとえばサンマなら大体(可食部)100gくらいです。

100gというと、サンマ一尾に満たないくらいの量ですね。大したことないように思われますが、これを毎日食べるとなると、結構大変です。

しかも、DHAやEPAというのは魚の油ですので、たとえば魚を煮たり焼いたりすると、それがいくらか流出してしまうといわれています。

その流出率はだいたい20%ほど。サンマの可食部100gには大体、DHAが1398㎎、EPAが844㎎含まれていますが、調理をすることで、DHA、EPAは上記数値から20%流れ出ていってしまうのです。

サプリメントで栄養補給

だからこそサプリメントが重宝されるわけですね。食事だけではどうしても、必要量を摂ることができない。そういう場合に、サプリメントを飲んで不足分を補うわけです。

DHA&EPA+ケルセチンには1日分4粒に500㎎程度のEPA、DHAが配合されておりますので、これを飲めば1日に摂らなければならないDHA、EPAの量を4分の1ほど補うことができます。

しかし、DHAやEPAの配合量がもっと多いサプリメントもありますので、他の商品としっかりと比較を行ったほうがよいでしょう。

DHA&EPA+ケルセチンの特徴は、まさにケルセチンを含んでいることでありますから、それをどう考慮するかですね。

DHAやEPAの摂りすぎについて

DHA、EPAは、欧州食品安全機関(EFSA)では1日5g、アメリカでは3g程度摂っても問題ないとされています。

日本では上述のとおり、ご高齢の女性の場合1日2gの摂取が推奨されておりますが、上限は3g程度です。それ以上摂ると、吐き気や下痢、鼻血などの症状が現れる可能性が高くなると考えられています。

普段から魚をたくさん食べる、そのうえサプリメントを飲んでいるという方は、1日3g、3000㎎を超えないように注意してくださいね。

多量摂取によって健康が増進することはありませんので要注意です。

DHA&EPA+ケルセチンを飲んではいけない人とは?

飲んではいけない

ゼラチンアレルギーの人

上述のとおり、このサプリメントにはゼラチンが含まれておりますので、ゼラチンアレルギーの人はこれを飲んではいけません。

他にゼラチンを含まないサプリメントもありますので、そちらのご購入を検討されるとよいでしょう。

ちなみにDHA&EPA+ケルセチンには、アレルギー特定原材料27品目のうちの「さば」や「さけ」を含んでおりません。その点はご安心ください。

病気や特殊な体質の人

今現在、血液凝固を防ぐワルファリンを飲んでいる方は、サプリメントを飲む前に必ずお医者さんに相談してください。

また、体質的に血液が固まりにくいという方も、医師に相談のうえでサプリメントを始めたほうがよいでしょう。

サプリメントはあくまで健康「食品」ではありますが、アレルギーの人がアレルギー物質を食べないようにするのと同じように、体に良くないと思われることは極力避けるべきです。

DHA&EPA+ケルセチンの価格や購入・支払方法は?

DHA&EPA+ケルセチンの通常価格は、120粒入り30日分が5,500円(税抜。以下、商品価格は全て税抜)となっています。

定期コースである「毎月お届け実感コース」に入会すると、初回1980円、2回目以降は4,950円となります。

この手の定期コースには、最低何回は継続してくださいという入会条件があったりするのですが、DHA&EPA+ケルセチンにはそういうものはありません。

次回商品お届け日の7日前までに連絡すれば、いつでも解約することが可能です。また解約ではなく「休止」も可能であるようです。ちょっと長期間旅行をするから、今月は要らないかな、という場合にも対応してもらえるわけですね。

ちなみに送料は基本540円(税込)ですが、購入代金が2000円(税抜)を超えた場合は無料になるとのことです。
DHA&EPA+ケルセチンの価格

購入方法について

DHA&EPA+ケルセチンの注文は、インターネットでするのが楽です。

公式サイトを開いていただき、一番下まで画面をスクロールすると、名前や住所、電話番号等の入力フォームが出てくると思います。それを入力し、支払方法を設定し、送信するだけでOKです。

もちろん電話での問い合わせや申込も可能で、平日は9時から20時まで、土日祝日は9時から17時まで受け付けています。

支払方法について

支払方法は、クレジットカード決済 (VISA, Master, JCB, AMEX, Diners)代金引換、コンビニ前払い (セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、デイリーヤマザキ、ミニストップ、サークルKサンクス、セイコーマート)、NP後払い (コンビニ、銀行、郵便局)のいずれかから選ぶことができます。代引き手数料は324円(税込)、NP後払い手数料は205円(税込)です。

NP後払いは何かというと、商品が到着してから代金を支払う方法です。商品到着後、請求書で後から代金を支払うことができます。

DHA&EPA+ケルセチン(日清食品)まとめ

DHA&EPA+ケルセチン(日清食品)まとめ
以上、DHA&EPA+ケルセチンについてご紹介いたしました。

その特徴は、DHAとEPAが合わせて500㎎と、ケルセチンが100㎎配合されていること、アレルギー物質のゼラチンが含まれること、定期コースに最低継続回数がなく、解約や休止がいつでもできることです。

他の商品と比較したうえで、自分に合ったサプリメントを見つけてくださいね。

-DHA・EPAサプリメント紹介

Copyright© dhaサプリメントランキング.jp , 2017 All Rights Reserved.