*

最も売れているDHA・EPAサプリメント最新ランキング!

最近、オメガ3脂肪酸という脂肪酸が注目され、健康食品などに「オメガ3脂肪酸」が含まれるケースが増えています。

健康食品に使われるということは、それだけ私たちの体に有益なものなのということになりますが、正直なところ、このオメガ3脂肪酸がどういったもので、どのような効果があるのかよく分からないという方も多いでしょう。

そこで今回は、オメガ3脂肪酸とDHAサプリの関係性について詳しく紹介するので、オメガ3脂肪酸について知りたい方は是非読んでみてください。

オメガ3脂肪酸って一体なんなの?

オメガ3脂肪酸とは
まずは、オメガ3脂肪酸というものがそもそも何なのかということを説明します。少し科学的な話になってしまいますが、気楽に読んでいただければと思います。

オメガ3脂肪酸は油の一種である

オメガ3脂肪酸は、不飽和脂肪酸の一種であり、分かりやすく言えば、「油」です。

油と聞くと、オリーブオイルやゴマ油を思い浮かべる方も多いでしょうが、実際はもっと細かく種類が分かれています。

そもそも油は、グリセリンに脂肪酸が結びつくという構造になっており、その脂肪酸がどのような構成になっているかで油の種類が変わってくるのです。

オメガ3脂肪酸の場合、脂肪酸を構成する炭素分子の中で最初に二重結合を持つ(これを不飽和脂肪酸という)ものが鎖状に並んだ炭素の中で3つ目の炭素であるため、このような名称となっているのです(難しいですね・・・)。

少し分かりにくいかもしれませんが、オメガ3脂肪酸は、脂肪酸が二重結合を持つ不飽和脂肪酸であり、最初に二重結合を持つのが3つ目の炭素であることから、そう呼ばれているということです。

したがって、最初に二重結合を持つ位置によっては、オメガ6脂肪酸やオメガ9脂肪酸というものも存在し、それぞれが異なった性質をもちます。

ちなみに、イタリアン料理に欠かせないオリーブオイルには、オメガ9脂肪酸が多く含まれています。油の種類によって分かれているんですね。

皆さんには、オメガ3脂肪酸は、脂肪酸の構成により変化する油のうちの1つという認識を持っていただければ十分ですが、それ以上に大切なのは、オメガ3脂肪酸が必須脂肪酸であり、体内では合成することができないという点です。

つまり、食事を通じて意識的に摂取しなければならないということです。これが、健康食品などにオメガ3脂肪酸が配合されるようになった一つの要因と言えるでしょう。

オメガ3脂肪酸の性質について

次に紹介するのは、オメガ3脂肪酸の性質についてです。

オメガ3脂肪酸は、その構造があまり強固でなく、どちらかというと不安定であるという特徴を持ちます。

これは、オメガ3脂肪酸を構成する炭素分子などの結びつき方に起因するもので、そのためにオメガ3脂肪酸は、熱に弱く酸化しやすいという性質があるのです。

この性質は厄介で、食材に含まれているオメガ3脂肪酸を摂取しようとしたときに高温で調理してしまうと、オメガ3脂肪酸が失われてしまう恐れがあるほか、酸化したオメガ3脂肪酸を摂取すると、体に悪影響を及ぼす可能性もあります。

このように、オメガ3脂肪酸には、看過することのできない性質=欠点があるのです。したがって、オメガ3脂肪酸を摂取する時には、そうした性質に十分配慮しなければなりません。

例えば、オメガ3脂肪酸を含む「えごま油」は、商品として販売されているものの場合、酸化する前に使い切ることができるように少量ずつになっているなどの工夫がなされています。

オメガ3脂肪酸にはどんな効果があるの?

オメガ3脂肪酸の効果
ここからは、皆さんも気になるであろう、オメガ3脂肪酸の持つ効果について紹介します。

ところで、オメガ3脂肪酸にはいくつかの成分があり、その成分独自の効果があります。その成分とは、α-リノレン酸・DHA・EPAです。

ここからは、成分毎にその効果を見ていきましょう。

α-リノレン酸は、血流改善・血栓予防、アレルギー抑制、老化予防、うつ病予防に効果があるとされています。こう見ると、α-リノレン酸には、健康面において色々と効果があることが分かると思います。

DHAは、記憶力の向上、認知症予防、視力回復、血流改善、高血圧抑制などに効果があるとされています。これを見ると、DHAには人体機能の改善・回復にも効果があることが分かります。

EPAは、血流改善、炎症抑制、アレルギー予防、精神安定、感染症予防に効果があるとされています。
こちらも、多岐にわたる効果があり、非常に有益ですね。

このように、オメガ3脂肪酸であるα-リノレン酸・DHA・EPAには、たくさんの有益な効果があるのです。

これだけの効果が期待できるなら、サプリなどで摂取したいと人気が出るのも分かりますね。

オメガ3脂肪酸を摂取するうえでの注意点は?

最後に紹介するのは、オメガ3脂肪酸を摂取するうえでの注意点についてです。

ここでは、オメガ3脂肪酸が熱に弱いことによる注意点と、特定の薬との飲み合わせによる注意点について見ていきます。

調理の際は熱に注意

オメガ3脂肪酸は、熱に弱いという性質を持ちます。そのため、オメガ3脂肪酸を含む魚などを摂取しようと火を使って調理した場合、オメガ3脂肪酸が分解してしまい、うまく摂取できなくなります。

したがって、魚からオメガ3脂肪酸を摂取する場合、刺身などにして火を使わずに摂取すると良いでしょう。

油から摂取するなら、油をドレッシングに混ぜると火を使わずに済むのでオススメです。

薬との飲み合わせに注意

オメガ3脂肪酸は、抗血液凝固薬や血圧を下げる薬を飲んでいる人が摂取すると、場合によっては薬の効き目を強くしすぎるとされています。

というのも、オメガ3脂肪酸の成分であるα-リノレン酸・DHA・EPAにおける血液をサラサラに(凝固しにくく)したり、血圧を下げたりする効果が、上記の薬が持つ効果と合わさって、薬の効き目を過剰にしてしまう可能性があるのです。

血液が凝固しづらいと、怪我をした際に血が止まらない、血圧が下がりすぎると、意識がもうろうとするなどのリスクが考えられます。

こうしたリスクは、薬を飲んでいる場合はオメガ3脂肪酸を摂取してはいけないというほど深刻なものではありません。

しかし、「問題なし」ということではありませんから、もし上記のような薬を飲んでいる方がいましたら、サプリメントとの飲み合わせについて医師に必ず相談してください。そうすれば、適切なアドバイスを得られるでしょう。

オメガ3脂肪酸についてまとめ

オメガ3脂肪酸まとめ
今回は、オメガ3脂肪酸について紹介しました。

オメガ3脂肪酸には、有益な効果がある一方、熱に弱く酸化しやすいなど、扱いに注意する必要もあります。

また、一部の薬との飲み合わせにも気を配る必要があります。オメガ3脂肪酸を摂取する際は、そうした点に気を付けるようにしましょう。

次ページDHAサプリの副作用について解説

次のページへ >

更新日:

Copyright© dha・epaサプリメントランキング2017 | DHAサプリの人気や口コミ情報 , 2017 All Rights Reserved.