DHA・EPA関連情報

魚でDHAを摂るのはダメ!?DHAと母乳の関係や子供に与える影響

更新日:

DHAは赤ちゃんの発育に重要な成分。授乳中のお母さんはこれを積極的に摂って、赤ちゃんの成長をサポートしてあげたいところです。

「DHAは本当に発育に良いの?」
「サプリを飲むのと魚を食べるのはどっちがいいの?」

気になりますよね。当記事ではお母さんの母乳とDHAの関係性や、DHAが赤ちゃんにもたらす影響についてお話しいたします。

母乳に含まれる成分とは?赤ちゃんにどのような影響があるの?

DHAと母乳
母乳には様々な栄養素が含まれています。たとえばナトリウムやカリウム、カルシウムなどのミネラル類、ビタミンA、K、B1、Cなどのビタミン類、たんぱく質、脂質、炭水化物と、色々な栄養素が含まれているんですね。

それらの栄養素の中の「脂質」を構成する成分の一つがDHA(ドコサヘキサエン酸)です。

人間の体は、水分を除くとその半分が脂質でできており、その一部であるDHAは脳や網膜、心臓や胎盤などにも含まれています。DHAは人体を構成する大切な成分なんですね。

しかしDHAは、これだけ重要な成分でありながら体内で作ることができません。そのため、1日1000㎎程度を目安として、食品やサプリメントからDHAを摂取することが推奨されています。

乳児の場合はむろん、お母さんのお乳からDHAを摂取することになります。

なぜ発育に良いのか

ではDHAはなぜ発育に良いのでしょうか?

それは先ほども申し上げましたが、人体は水分を除けばその半分以上が脂質であり、それを構成するDHAは、脳や網膜、心臓などにも含まれる成分であり、成長の過程においてこれを摂取することが健常な発育を促すと推定されるからです。いわば体の「もと」を摂るわけですね。

むろんDHAについては今の科学でもわからないことが多くありますので、成育に有効であると断定することはできません。しかし、公益財団法人日本健康・栄養食品協会の調査では、

http://www.caa.go.jp/foods/pdf/syokuhin915.pdf
※29ページ下部のランク表(ページ数はGoogleの表記でなく資料下部に記載の方)

「乳児の成育、行動・視覚発達補助」の項目でBランク=「機能性について肯定的な根拠がある」を獲得しています。ちなみにこのランクはA~Fまであり、Bは上から2番目の評価ですね。

Bランクになった理由は、DHAに否定的な論文も存在するからだそうです。しかし現状では肯定的な見方が強く、やはり子供の成長のためにママがDHAを摂ること、DHAをお乳を通して乳児に分け与えることは、良いことだと推定できると言えるでしょう。

DHAを摂るのは魚とサプリどっちがいい?

DHA サプリか魚か

魚には水銀が含まれていることも

結論を先に言えば、少なくとも妊娠中はサプリメントでDHAを摂取することをおすすめいたします。なぜなら、魚には水銀が含まれていることがあるからです(参照記事はコチラ)。

普通、この水銀は摂取後少しずつ排出されていくのですが、胎児は水銀を排出する術を持たないため、その影響をもろに受けてしまうわけですね。

ですから、妊娠中には魚の食べる量や種類に気を付けなければならないのですが……これってちょっと面倒くさいと思いませんか?

水銀の含まれていないDHAサプリを飲めば、食事に注意する必要もなくなります。よって当サイトではサプリメントでDHAを摂ることをおすすめいたします。

授乳中もサプリメントのほうがいい?

それでは授乳期はどうなのでしょう。魚を食べるのを控えたほうがよいのでしょうか?

あくまで水銀は「摂りすぎてはダメ」というものですので、そこまで神経質になる必要はありませんが、万が一ということを考えるのであれば、水銀除去済みのサプリメントでDHAを摂ったほうがよいでしょう。

逆にあえて魚で摂る必要性が見当たりません。DHA以外の栄養素を一緒に摂りたいというなら別ですけれどね。

ちなみに、日本生活協同組合連合会は、「幼児」にマグロ類や鯨類などのメチル水銀濃度の高い魚を食べさせることについて、注意を促しています。

幼児は児童福祉法では満1歳以上の子供のことを指しますが、そのくらいの子供にたくさん(水銀濃度の高い)魚を食べさせるのは控えたほうがいいわけですね。

幼児にサプリメントを飲ませるわけにはいかないでしょうが、DHAを摂取させることを目的として魚食を中心にする際には、その魚の種類、量にご注意ください。

しかしこれはあくまで魚を食べるなということではなく、水銀に注意しましょうということです。

水銀濃度の低い魚、サンマやイワシ、サバであれば食べても大丈夫ですし、頻度に注意していればマグロなどを食べても問題ありません。目安は週1回程度です。

毎日お寿司やお刺身、というのは控えたほうがよさそうです。

DHAの摂取方法や注意点まとめ

DHAの摂取方法や注意点まとめ
以上、DHAと母乳、そしてDHAのベストな摂取方法についてお話しいたしました。

DHAと水銀については別の記事でさらに詳しく解説しておりますので、ぜひそちらも併せてお読みいただければと思います。

DHAは乳幼児に限らず、大人にとっても重要な栄養素です。妊婦さんや授乳期にある女性は、自らの健康と子供の成育のために、水銀の含まれていないDHAサプリを飲んでみてはいかがでしょうか。

頭が良くなる、かどうかはわかりませんけれども、健康維持や子どもの成育に資する成分です。

DHA・EPAサプリメントランキングTOP

-DHA・EPA関連情報

Copyright© 【dha・epaサプリ厳選】オメガ3配合オススメDHAサプリ比較2018 , 2018 All Rights Reserved.