DHA・EPA関連情報

魚以外でもDHAやEPAは摂取可能なの?

更新日:

DHAと言えば、オメガ3脂肪酸の一つで、必須脂肪酸です。

必須脂肪酸は体内で作り出すことができないので、食事を通じて摂取する以外に体内に摂り込む方法がありません。

DHAを多く含む食べ物と言えば、魚。中でもマグロやサバなどの青魚が代表的であり、皆さんにもそうした印象を抱かれる方が多いでしょう。

しかし、魚には独特の臭い・風味があり、好き嫌いが分かれます。ですから、DHAは摂取したいけど、魚をたくさん食べるのはちょっと・・・という悩みを持っている方もいるでしょう。

そこで今回は、魚以外でDHAを摂取する方法について紹介するので、魚が苦手でDHAの摂取に困っている方は参考にしてください。

魚以外からDHAを摂取する方法は?メリット・デメリットはあるの?

DHAを摂取する方法
では、さっそく魚以外からDHAを摂取する方法について見ていきましょう。

ここでは、その方法として植物性由来の食材から摂る方法と、サプリメントから摂る方法を紹介し、合わせてそれらの方法におけるメリット・デメリットも見ていきます。

植物性由来の食材から摂る

まず紹介する方法は、植物性由来の食材から摂るというものです。

植物性由来の食材というのは、えごま油や、亜麻仁(アマニ)油といった植物から抽出した成分を配合した油やナッツ類であるクルミのことです。これらの食材には、αリノレン酸が多く含まれているんです。

ここで、αリノレン酸?DHAじゃないの?と思った方がいると思いますが、実は、αリノレン酸は体内でDHAに変換されるため、問題ないのです。

αリノレン酸が体内でDHAに変換される過程においては、特に私たちがすることはなく、その変換は勝手に行われるため、αリノレン酸を多く含む植物性由来の食材を摂取すれば良いのです。

植物性由来の食材から摂るメリット

植物性由来の食材からαリノレン酸を摂るメリットは、なんといっても気軽に摂取することができる点です。えごま油や、亜麻仁油なら、調理時にいつも使っている油の代わりに使ったり、サラダ用のドレッシングを作る際に混ぜたりすれば簡単に摂取することができます。

こうした方法なら、好き嫌いが生じにくく、魚を通じてDHAを摂取するのに比べとてもラクですよね。

一方、クルミなら、スーパーなどで予め処理済のものが販売されていますから、それを直接食べてもいいですし、サラダのトッピングなどに使うこともできます。

また、クルミは最近スーパーフードとして様々な効能があることで注目を集めており、αリノレン酸に限らずとても体に有益な食材なのです。

植物性由来の食材から摂るデメリット

植物性由来の食材からαリノレン酸を摂るデメリットは、食材の扱いに注意が必要であるという点です。

αリノレン酸を含むオメガ3脂肪酸は、熱に弱く、酸化しやすいという性質を持っているため、調理時に炒めすぎて火を通しすぎたり、開封した油を使わずに長期間放置したりするとよくありません。

熱に弱いという点に関しては、αリノレン酸が分解されてしまいしっかり摂取できなかったというだけで済みますが、放置して酸化した油を摂取してしまうと、体に悪影響を及ぼす恐れがあるので、十分に気を付ける必要があります。

もちろん、クルミも開封後は早めに食べきるべきでしょう。せっかく体に良いからとこうした食材を頑張って摂取しているのに、酸化による悪影響を受けてしまっては元も子もありません。

植物性由来の食材から摂る方法には、このようなデメリットがあることがお分かりいただけたかと思いますが、調理時の注意や開封後すぐに食べ切るという点が面倒くさいと感じる方には、次に紹介するサプリメントからDHAを取るという方法をオススメします。

サプリメントから摂る

次に紹介するのは、DHAをサプリメントから摂るという方法についてです。

現代の食生活では、DHAの摂取目安量と比べ私たちが実際に摂取しているDHAの量が不足しています。

したがって、意識的に足りない分を補う必要があるのですが、仕事などで忙しく調理時に気を使えないという方には、サプリメントを通じてDHAを摂取するという方法をオススメします。

現在、DHAを配合したサプリメントがたくさん登場しているので、そうした中から自分に適したサプリメントを選ぶと良いでしょう。

サプリメントから摂るメリット

サプリメントからDHAを摂るメリットは、とにかく摂取するのがラクであるということです。

サプリメントなら、一日の摂取目安量に応じて毎日飲むだけでよいので、とにかくラクなのです。これなら、忙しい方でも問題なく摂取できますよね。

さらに、サプリメントなら旅行時のように自分で食べる物を選ぶことができないときにも重宝します。
ほかにも、油やクルミには意外にカロリーがあり、ダイエット中の方などには気になるポイントなのですが、サプリメントならそうした心配は無用です。

金額的にも、サプリメントは供給が安定しているため変動しづらく、定期購入すれば割引になるなどのサービスも豊富です。

サプリメントから摂るデメリット

サプリメントからDHAを摂るデメリットは、基本的にはないのですが、あえて言うとすれば、酸化対策がしっかりなされているかチェックする必要があるという点です。

DHAを含むサプリメントを購入する際には、酸化対策として抗酸化成分を配合しているかどうか、配合成分をしっかり見ておきましょう。

また、サプリメントを飲んだからと言ってすぐに効果が出るわけではなく、ある程度(3ヶ月以上が目安)時間を要するので、即効性という点においてはあまり期待できません。

DHAやEPAの摂取方法まとめ

>DHAやEPAの摂取方法まとめ
ここまで、魚以外でDHAを摂取する方法について紹介してきました。

その方法には、植物性由来の食材から摂る方法と、サプリメントから摂る方法があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

ですから、自分に合った方法を採用すると良いでしょう。DHAは、現代人に不足している成分ですから、是非意識的に摂取してください。

-DHA・EPA関連情報

Copyright© dhaサプリメントランキング.jp , 2017 All Rights Reserved.